ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
予兆
〇誰でも1つの事に年月を費やし努力すれば、それなりの結果は得られるし、その年月が長ければ長いほど得られるものはあると思います。職人技とかもそうだし、学者、研究者もそうです。・・で、営業マンもね、得られるものがあるんですよ。

営業マンは・・その経験から、空気を読むというか・・相手の雰囲気、言動、他をヒントに、YES or NO・・を予感します。勘というよりも感か・・意味的には、観かな。、「いける!」とか、「なんかヤバい・・」とか感じるんです。ま、観て感じた勘で、「カン」が3つです。

不動産仲介営業マンは、店頭で毎日、物を売っているわけではなく、多くても月に数件の契約・・取引額は最低でも数百万、高ければ億です。予兆を見逃すと職を失いかねません。相手の顔色もみるし、言動にも注意するし、不穏な動きがあれば警戒もします。

商談が上手くいけば、数十万の歩合が入るけど・・失敗したらクビのリスクもある・・そんな状況で、商談相手が・・一度はOKしたのに、「少し待ってほしい」と電話してきたり・・そんな時、「何故だろう?」と深く考えますよね。・・その後、結果を知ることになります。

そんな緊張感のある取引を長くやっていれば・・そんな事を数百回、あるいは数千回も経験すれば・・相手の心理を読む能力が向上しますよ。

〇帰宅後、奥さんから、「アナタ・・ちょっといい?・・大事な話があるの・・」と言われたら・・予兆を見逃していたってことかな。たぶん、ヤバいよ。(笑) ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.