ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
最も恐れるべき相手
〇私が知る限り、仲介営業マンが最も恐れるべき相手は社外のライバルではなく、お客でもなく・・社内のバカです。社外のライバル業者やお客さんに対しては一定レベルの警戒をするのが常識です。常に警戒しているわけですから、トラブルの回避もできます。

仲介営業マンは、「自分の役割をキッチリと遂行する事」プラス「取引業者やお客さんに対して必要なレベルの警戒をすること」で、取引の安全性が保たれます。共同仲介業者に手抜きがあれば、それを警戒・注視することでトラブルを回避できます。

しかし・・1社で仲介する社内分かれ(1社単独で仲介/社内で売担当・買担当)の取引では・・1人がバカだと、もう1人が窮地に立たされます。相手が新人なら諦めて1人で「売り・買い」の両方の面倒をみるはめになるのが最大リスクですが・・バカが相手だと・・

「やっぱり契約したくないって連絡きたよ。契約中止して。」
「決済期限、間に合いそうにないから延ばして。」
「説明したんだけど、お客がバカでさ~。理解できないみたい。」
「決済前だけど、先に引っ越したいって言われた。どうしよう?」
「まいったよ。合意書はもらえそうにないよ。どうしよう?」
「たいへんな事になっちゃった。ヤバいよ~。どうしよう?」
「なんか、お客はヤクザかも。一緒に行って説明してくれ!」

・・など、次から次へと、悪いほうへ悪いほうへと導かれるように、負の連鎖となります。その一つ一つがクリアできる内容でも、すべてスルー・・ノンストップで地獄へ一直線・・何をやらせてもダメな奴・・無責任な傍観者・・少なくないんですよ。そのバカのミスは共同責任となります。

大手でも地場業者でも、社内分かれを嫌う営業マンが数多くいます。バカな同僚と組んで仕事をするくらいなら、他業者と分かれで契約したほうがマシ・・そんな考え方を会社は問題視しますが、営業マンとしては当然の思いです。・・だって、社内で「分かれ」でも、他業者と「分かれ」でも、自分の数字は同じだからです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.