ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
領分
〇不動産仲介の仕事で接客している最中に気分が悪くなる時があります。「不愉快」のほうが適切かな。とくに多いのが「領分」の侵害に関することです。

仲介者には仲介者の領分があり、依頼人には依頼人の領分があると思うんですよ。個人と法人にも領分はあります。これは法的にどうとかの問題ではなく、慣行や慣習によるものです。

たとえば・・賃貸物件のオーナーが自ら「管理」し、「修繕」も自分で手配し、「更新手続き」も自分でする・・空室の「入居者募集」のみ、不動産屋へ依頼するケース・・それなのに、賃借人からのクレーム対応だけは不動産屋に依頼する。(無報酬で。)

不動産屋が手配する仕事の中で、自分ができる事はすべて自分でやり、最低限の仕事のみ依頼するスタイル・・自分が得したい・・不動産屋に儲けさせたくない・・金がかからないなら何でもお願いしたい・・自分の損得しかアタマにない者・・けっこういます。

不動産屋の利益を削り、自分の利益を増やす・・べつに法的に問題もないし悪い事でもありません。ただ・・仲介業者として気分が悪いだけです。(笑)  しかし、その気分の悪さは、その物件に対する仕事において悪影響があります。空室が発生した際、他の物件より優先して紹介する・・なんて事は絶対にありえません。

仲介業者も人間ですから、「早く決めてあげたい部屋」はあります。すべて任せていただいているオーナーさんとは深い信頼関係で、その気持ちにこたえるために最大の努力をします。そんな流れで、心の中の優先順位は形成されていきます。

「最も大切なオーナーさん」もいれば、「どうでもいいオーナーさん」や、「さっさと他社へ切り替えてほしいオーナーさん」もいるってことです。相続税対策でアパートを狂ったように建てて、建てて、建てまくってる現在と、人口の減少・・今後は空室が増えるどころか、半分以上は空室の時代が来ます。

不動産業者が全力で努力しても決まらない時代に、不動産屋の領分を侵害して何でも自分でするオーナーさん・・何処の不動産屋に依頼しても大事にされず、「じゃ、他の会社へ依頼する!」とキレて業者を替える・・の繰り返しで、空室が増えるごとに地元業者から、「ざまーみろ!」と笑われる末路です。

そうなってから、「すべてお任せします。」・・と言っても、「ありがたいお話ですが、当店ではチカラ不足です。」と断られますよ。既に嫌われているからね。(笑) 空部屋ばかり増え続けているわけで、「オーナーさんは神様です。」・・て時代は終わりです。その空気が読めず、資産家気取りなら・・悲惨ですよ。ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.