ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ロックオン
〇不動産屋は不動産取引や賃貸管理等で食っているわけで、当然ながら、「取引先」との金銭的なやりとりとなります。たとえば、売買の売主や買主、賃貸の貸主や借主・・が取引先です。

その取引先が取引における金銭のやりとりを・・キッチリと税の申告をしているか?・・していれば問題ありませんが・・問題アリの場合・・たとえば脱税・・当人に調査が入りますが、その流れで取引先である【不動産屋】にも裏付けの確認(反面調査)が入ります。

不動産屋が賃貸管理をしていても、それは賃貸収入の集金・管理であり、各オーナーさんの確定申告の内容までは知りません。(知るわけないでしょ?)・・で、ある日、突然、賃貸物件のオーナーさんから、「困った事になりまして・・」と連絡がきたりします。

税務署から調査する旨の連絡を受けた・・過去3年分の取引の書類(契約書や賃料明細など)を用意して欲しい・・て話になります。場合によっては税務署が訪ねて来ます。・・次の段階では「5年分」・・最終的には「7年分」・・用意しなければなりません。

ま、オーナーさんも関係書類は持ってるわけですが、それが信用ならないから不動産屋にある書類を確認する意味もあります。・・ま、ここまでは他人事ですが・・ここからが本題です。調査対象の賃貸物件のオーナーさんに関する書類を提出する流れですが、手書き(笑)だったり、わかりにくい書類だったり、契約書がなかったり・・領収書が無かったり・・

「この不動産屋、いいかげんだな・・」 「雑な処理だな・・」 「現金?手渡し?・・」などと思われたら・・次は不動産屋がターゲットです。(笑) ただでさえ他業種より狙われる業種です。少しでも「怪しさ」があれば・・次なる標的としてロックオンされますよ。(笑) ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.