ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
寿限無
〇今日ね、気がついた事があります。知人の社長さんとの会話中、「え~と、たしかメールがきてたな。プロなんとか、プロパティ?なんだっけ?そんなかんじの社名・・」との発言・・何を気がついたか分かりますか?

どんなに熱心に業者訪問をしてもね・・カタカナで長ったらしい社名とか、誰も覚えませんから!・・って事です。飛び込みで、「収益物件(アパート等)を買い取ります!」という業者は多いですが、みな似たような社名です。都心では、六本木周辺の業者の大半はカタカナです。

2つの単語を組み合わせただけでも10文字を超えます。末尾に「・・コーポレーション株式会社」なんかつけたら、それだけで12文字です。しかも、みんな、似たような社名・・六本木のように高層ビルにある会社の場合、所在するビルに同じような会社が数多くあります。名刺を受け取った側は、「みんな同じような会社」と思うだけで、軽い扱いになります。どうしてもカタカナが良くて、他社との差別化をしたいなら、一つ案がありますよ。

たとえばね・・「こんにちわ。お忙しいところ恐れ入ります。私、アーバンセレブアセットプロパティマネジメントインベストメントキャピタルソリューショングローバルリアルエステートコンサルティングパートナーズジャパンコーポレーション株式会社の○○と申します。」てのはどうかな。差別化で。(笑) 落語の寿限無(じゅげむ)みたいで印象深いですよ。(笑)

これから会社設立する人に向けた話です。お洒落で洗練された社名もいいとは思いますが、なんだかよくわかんない似たような会社と思われたくなかったら、同業者や顧客が脳で記憶できる社名をお勧めします。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.