ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
自分のためにできること
〇不動産仲介営業は、限られたエリアで同業他社としのぎを削る厳しい仕事です。社内のライバルとも利害関係の対立はあり、社内、社外ともに戦いの場であります。業績が落ち込んだ営業マンが辞めていくのは自然な流れで、会社によっては、「数字が上がらない奴は、さっさと消えろ!」みたいな雰囲気もあるのでは?

営業マンの立場なら、数字の悪い営業マンを叩き潰すのではなく、守れ!と言いたいです。ま、バカ以外は私と同意見では?・・わかりやすく説明しましょうか?数字の悪い営業マンが辞める・・その後、どうなりますか?・・その欠員を埋めるために、新たな営業マンが入ってきます。・・で、その営業マンがやり手だったら?

同じエリアでお客を奪い合って生きる営業マンとして、ライバルにチカラがあると自分が損するケース・・多いんですよ。自分に回ってくるはずだった案件がソチラに流れてしまったり、数字で追い越されて自分の上司に昇格したり・・そしてチカラをつけたライバルが自分(アナタ)を潰しにかかる場合もあります。

チカラのない営業マンは同僚達に幸運をもたらします。仕事ができないから、その分の仕事(案件)は他の営業マンが担当するとかね。一人ではできない仕事なら「手伝うから歩合は半分よこせ!」とか、買い取り物件に適する案件は、「俺の取引業者を紹介するよ!」とか・・同僚達の利益になるわけです。

会社の経営者としては、仕事のできない営業マンは辞めてもらって、仕事のできる営業マンを雇いたい・・それが利益です。しかし、営業マンの立場では、新たなる強力なライバルは歓迎できません。それを阻止したいなら・・数字の悪い営業マンを生かさず殺さずで在籍させていたほうが得ってわけです。

そんな営業マンをずいぶん守りましたよ。・・落ち込んでたら励まして、飯を食わせて、酒を飲ませて、細かい契約は歩合ごとくれてやり、トラブルは解決してやり・・ずいぶん感謝されましたが・・すべて私のためだから。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.