ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
カッタルイ話
〇今日は出社後、媒介物件の土地を見に行きました。更地なんですが・・ゴミ置き場がありました。ゴミ置き場があると・・なんか、かったるくなります。(笑) ま、手頃な坪数の更地ですから、見にくるお客は・・土地を買い、家を建てる予定の人達です。

見た目も悪いし、移設となれば役所や自治会もしくは町内会等との協議になります。勝手になくしちゃうわけにはいきません。また、関係者に確認もせず、お客に「ゴミ置き場は他の場所へ移設できます。」とか説明できるわけもなく・・

仲介業者が動きまわる必要が発生します。・・で、その結果を重要事項説明の特約に記載する必要もあります。・・でね、そもそもゴミ置き場なんか無ければ、そんな余計な苦労をしなくて済むわけです。その不運にボヤキたくもなるのです。

古い分譲地で、家が建っている区画と、更地のままの区画・・ゴミ置き場は「更地の区画」の前に設置して、そのまま、ずーーっと・・てケース多いんです。本来なら、持ち回りで移設するのが平等なんですけどね。

今回の物件のは、物件の前に・・ではなく、物件の【敷地内】に、鉄パイプで仕切った汚いゴミステーションがあるので、見ただけで疲れます。(笑) ま、いろいろな難しい物件と比較すればね、新人でも対応できる普通レベルの簡単な仕事ですが・・

数百万の土地で、仲介手数料の計算をしても、片手なら20万か30万程度・・会社としては、チラシ広告を数回しただけで赤字です。個人の歩合などスズメの涙ほど・・それなのに、ゴミ置き場の移設で動き回ったり、重説の特約を考える事を想像すると・・カッタルイわけです。(笑) 

〇不動産価格の安い地域では、不動産仲介業だけは食えません。安い中古住宅の仲介手数料より、リフォーム工事の紹介料のほうが高かったりします。(笑) それくらい手数料が安いのです。 小さい業者は、仲介に伴い発生する様々な紹介料が必要不可欠で、仲介料だけなら、とっくに潰れてる会社、多いと思います。

50坪の住宅用地が、500万円の地域もあれば・・5000万円の地域もあります。仲介に伴う調査とか書類作成・・契約や決済の段取り・・そんなに変わらないんですよ。

労力は同じでも、手数料報酬は10倍も違うわけです。低額の不動産取引では、「こんな報酬で、やってられるか!」・・と叫びたくなる事がよくあります。(笑) カッタルイ話というか・・愚痴かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.