ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
THE GOSAI
〇ずいぶん昔の話です。題名をつけるとしたら・・「後妻」かな。これでプロなら展開が読めるでしょう。

ま、いわゆるお金持ちの何割かは会社経営者で、不動産やその他の資産を保有しているものです。創業者一族てイメージかな。で、創業者の妻が他界して年下の女性と再婚・・いわゆる後妻ですね。

創業者である夫が他界すれば、相続財産のうち、法律が定める割合で後妻が相続した・・なんて甘ったるい話ではなく、創業者が生きてる間に後妻が主導で財産をバンバン売りさばき、何もかも後妻が得た話です。

夫が認知症とかボケとか・・微妙な時期にやっちゃったわけです。経営していた会社関係の不動産だけだはなく、前妻の子供が住んでいた家でもなんでも、名義が夫なら後妻のものみたいなもんだから、ガンガン攻めました・・「家賃払え!」とかね。

ま、後妻からすれば前妻の子なんて生きようが死のうがどーでもいい存在・・前妻の子からすれば、後妻なんか生きようが死のうがどーでもいい存在・・てケースなので、非情ですよ。

絶対的に有利だったのは・・遠くに住んでいた子供ではなく、夫の面倒みていた後妻です。相続の取り分どうのこうの・・より、その前に処分させる事ができたわけです。

子供の立場で教訓を書くとしたら・・タイムマシンは無いんだから、親が再婚する前に手を打つべき!・・かな。同棲や交際は認めても入籍には反対するとか、生前贈与とか方法はあるでしょ? 

子供の立場では・・財産のある親が再婚すると言い出したら、再婚相手に、「財産が欲しいのですか?」・・と聞いてみることです。

「財産が欲しい」・・と答えたら、それを防ぐために、父が再婚(入籍)する前に、生前贈与で親が子供達に財産を贈与して先々の争いを無くすことです。

「財産目当てではない」・・と答えたら、それなら財産目当てではないのだから、同じく、父が再婚(入籍)する前に、生前贈与で親が子供達に財産を贈与しても後妻に文句はないはずです。

相続と贈与でどちらが得か?・・なんて考えていいのは、相続でもめない場合です。紛争の可能性が高いのなら、早めに手を打つべきです。相続の発生を待っていて・・・いざ、その時が来たら・・誰かに処分されて、何もなかった!・・てよくある話です。 ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.