ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たまにある話
○物元と客付による共同仲介の話です。これって基本的に、「現在、物件を探している人」と、「現在、売り出し中の物件」を結びつける仕事であり、努力の範囲も限定的なので、物元と客付それぞれの報酬は、いわゆる法定手数料で見合うわけです。

・・で、たとえば地場業者同士で、「こんな物件あるんだけど、お客さんいたら紹介してね!」とか、「この地域で物件を探しているお客さんいるんだけど、該当する物件があったら紹介してね!」等の話にもなるし、それで成約するケースも多いです。

たまたま該当する物件があったり、たまたま物件を探している人がいたり・・たまたま・・偶然・・そんなかんじのレベルです。現実的には、物元業者は直接に客付けの努力をするし、お客がいる業者は直接の売主を探します。もしくはレインズ等で現在、売りに出ている物件を探しますものです。・・ま、ここまでは普通の話。

○たまにですが、こんな話も入るんですよ。「場所が限定で物件を買う客がいるんだけど、地主にあたってもらえないかな?」・・て話・・ある場所を欲しがっているお客(個人または法人)がいる業者が・・そのお客の求める場所の地主に交渉せず・・「誰か代わりに交渉してくれ!」・・て内容です。

わかりやすく言うと・・買いたいって話が舞い込んできたけど・・自分で動くの面倒臭いし、カッタルイから、誰か?自分の代わりに地主を訪問して、「突然ですが、土地売ってください!」て、交渉してきてほしいって話。・・で、どれだけ苦労しようが、時間と金と労力を使おうが・・成約しなければ無報酬です。

現在、売りに出している物件なら、価格交渉程度だし、成約確率は高いですが・・売ろうなんでぜんぜん考えてない人の家を訪ねて、「買いたい人がいます!」て交渉・・ものすごい成功確率が低いんですよ。

無駄だから、自分で動くの嫌だから・・性格の良さそうな業者に話をして、手下のように動かし、会う度に、「どうなった?」・・と結果報告だけは当然のように求めるはずです。・・これって、どうなのかな?・・と考えさせられる事があったので、ブログの更新ネタにしました。(笑) 

私はそんなマヌケじゃないから、タダ働きするわけがないけど、ビジネスチャンスとか思って走り回る真面目な社長さんも少なからずいます。ま、ビジネスチャンスではあるけどね。道を歩いてたってお金拾うチャンスあるし。確率低いけど。(笑)

最近、つくづく思うんですよ。(真面目でお人好しの社長さんは、不動産屋に向いてないな・・)てね。まわりのズルい業者に「お人好し」を見抜かれて、便利に利用されちゃうんです。本人は便利に利用されている自覚すらないしね。「お人好し」だから。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.