ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たまにある話の続き
数回前の記事で、たまにある話を書きましたが、そのネタにした話では、新事実がわかり、これもブログのネタにすることにしました。

細かい説明はカッタルイので、業者向けに話しますが、「ある場所を買いたいと希望する客がいる。動いてくれないか?」と、同業他社へ持ち掛けた業者さん・・客付けの立場ではなく・・先のある話だったんです。(笑) 

普通はね、客付業者から話を持ち掛けられた同業者は、自分が物元の物件を紹介するし、物元業者から物件を紹介された業者は、自分が客付けをするのが常識ですよ。ちなみに・・

普通の仲介は・・

買主 → 客付業者→ ← 物元業者 ← 売主

この話の場合・・

購入希望者→客付業者→バカ業者→地上げ業者→所有者

客付業者と物元業者以外に仲介業者が入っている話・・ブローカーの世間話レベル・・繋がらない可能性もあるわけです。(笑)そんな話で地上げ活動をするバカも少ないとは思いますが、万が一、地上げに成功しても・・・購入希望者には繋がるとは限らないし、もしも繋がり、成約の流れになっても・・

いわゆる「客付け業者と物元業者」以外の業者は・・「手数料もらえないから、少しバックしてくれ!」とか、「業者みんなで平等に分けよう」とか、あほみたいな話を言い出しますよ。(笑)

ま、そんな新事実を聞き、(まだ・・いたんだ・・ブローカー気質の業者が・・)と思いました。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.