ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
「当社が買います!」という者達
○会社では1時間おきにFAXが着ます。A4の用紙で、「物件買います!」みたいなやつ。ゴミ。「100億円まで買います!」・・とか、そんな内容が多いですね。

ま、いろんな買取業者が存在しますが、彼らとしては、「私共は仲介業者ではないです。買主です。手数料をちゃんと払います。だから御社は両手になりますから、安心して物件を紹介してね。」・・と思わせたいわけです。

その背景には、「物件を買う会社に委任されています。物件を紹介して!」というスタンスだと、「共同仲介?手数料分かれかよ!ふざけんな!買主くらい自分で見つけられるよ!なんでわざわざ手数料の取り分を減らしてまで、オマエらを通す必要があるんだよ!ボケ!失せろ!」・・てなるからです。

物元(専任媒介業者とか)としては・・
○買い取る業者なら手数料をくれるので両手
×客付業者なんか通したら分かれになり損する

ここからが本題なんですが・・・「物件買います!」と宣伝して物件情報を集めてから・・「たまたま今回の物件は当社では買えないけど、取引先で買えるかもしれない。紹介していい?」と言い出す者もします。たぶん、いつもの手口なんでしょう。

客付の立場では物件を紹介してもらえないから、「物件買います!」と買主の立場を装い物件を集めて、その後・仲介の立場に移行する手口です。ま、かんたんに言うと、クソ野郎です。

もっとひどいケースだと・・買主を装い物件情報を集めて、話が具体化してから、「じつはですね。手数料はお支払いしますが、購入の名義は当社の親会社になります。」・・なんてケースもあります。プロなら意味わかるよね?ド素人は「手数料をくれるなら、べつにいいじゃん!」て思うのかな?

その親会社が買主で、窓口の会社は「代理」てことです。親会社とかスポンサー会社とか呼称はどうでもよくて、ようは別の会社が買主で、窓口(交渉相手)が代理だと・・・

買主から約6%(1つの取引における手数料の上限)の手数料がでて、窓口(代理会社)は自社の報酬として約3%を受け取り、残りの約3%(全体の半額)が物元に支払われる流れですが、そこで法定手数料の上限になっているので・・物元は売主から仲介手数料を受領できません。

逆パターンも多いですよ。建売業者の窓口が「代理」。「3%払います!」というけど、代理が自分とこも3%とってるから、客付業者は代理側から3%もらった段階で、買主(購入者)からは手数料が得られない。・・得られる収入は、ふつうの「分かれ」と同じって事です。

たまにレインズ等の物件資料に、「手数料:3%支払います。(※業法に従ってください。)」なんて記載を目にすること・・あるでしょ?「おたくは自分の依頼主からは手数料取れないよ!実質的には、分かれと同じだよ~ん。」て意味です。

「代理」というマジックで、交渉相手はちゃっかり手数料を半分取っちゃう取引・・って事です。ちなみに、買主が6%支払うから損で、売主は手数料を支払わず得する・・なんてわけありません。

売買価格の価格交渉で、その分を調整するのが常識です。6%支払う側も、仲介手数料を払わず済む側も、売買価格で調整されているって事です。実質的には、売主も買主も、手数料分かれの仲介と損得は同じなのです。

ま、宅建資格もってりゃ分かる話ですけどね。物件情報を流す「出会い」の段階では気がつかない場合もあります。クソ野郎の狡い話術で、「手数料払いますから買主と同じでしょ?」・・なんて騙される業者もいるのでネタにしました。

この話で「悪」の部分はね、買主側の仲介業者が、自社を買主の立場と偽り、商談を優位に進めて、手数料分かれと同じって事です。対策としては、物件の紹介前に、「じつは代理ですか?当社の依頼主からも手数料をもらうつもりなので確認です。」と確認すると良いですよ。

「買います!」だの「手数料支払います!」だのとカッコいいセリフを吐き、「買主様」として偉そうな態度で仲介業者を顎で使い、仲介業務をすべて相手にやらせて・・じつはそいつも仲介業者だったなら・・クソ野郎では?(笑) 「3%支払います!」と言ってる業者の何割かは、じつはそんなかんじですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.