ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
フルコミの話
〇HP版では、フルコミ営業の募集会社を紹介していますが、不動産仲介営業マンで幅広く対応できる自信があるなら、「募集している会社」ではなく、「自分が入りたい会社」を選定して、交渉して、フルコミになるのが良いと思います。自分には「できること」が相手側(会社)の「できないこと」だと理想です。

たとえば・・地元で古いジィさんバァさんの不動産屋の中には・・『パソコンもインターネットも苦手』 『広告活動なんかやった事ない』 『細かい書類に対応できない』 『細かい調査に対応できない』・・で多くの仕事を逃している会社も多いわけです。

『地元で長く、信用があるけど、最新の契約システムが苦手』・・そこで、『インターネット関係は私がすべて手配して、すべて登録して、集客~契約までやります!固定給は1円もいりません。かかった経費と歩合だけ頂ければOKです。』・・と持ちかければ、合意は難しくないと思いますよ。

〇フルコミは歩合率が高いものですが、それなりの歩合率ならOKすべきとも思います。極論から言えば、歩合率なんか、後から、どーにでもなりますよ。交渉力さえあればね。

【会社に儲けさせて、報酬を得る】・・その繰り返しの中で、【報酬を改定】はあり得るし、相手がジィさん、バァさんの不動産屋なら、部長だの課長だの存在しないわけですから、互いの合意で即断即決ですよ。

〇最も重要なのは円滑な人間関係と信用・実績です。必要な人材と認知される事です。交渉時に、『べつに辞めてもらっていい人材か?』 『是非、これからもいて欲しい人材か?』・・自分の実績評価がポイントですね。

〇【できるだけ歩合を支払いたくない会社側】と、【できるだけ歩合を支払わせたいフルコミ】・・この関係だと長続きしないと思います。当初はそんなかんじでも、やがて信頼や情で、【できるだけ支払ってあげたいと思う会社側】と、【できるだけ会社を儲けさせたいフルコミ】になれば、長続きすると思いますよ。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.