ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
回避すべきケース
〇私が副業で古物商をしている事はご存知と思います。最近はインターネット経由で仕入れて、ネットオークションで売るケースが多いのですが、ネットオークションで入札前に入札希望者から、質問がくる事があるんですよ。

・・で、その質問できるシステムを利用して、大幅な値引き交渉とか、送料の減額とか、いろいろな連絡があるのですが、こちらが対応できる内容の場合は普通に返信しますが、無理難題の場合、相手をブラックリストに登録して、その相手が入札できないように処理しています。

たとえばね・・1000円で出品している品にたいして、「300円にしてほしい」と要望されたとします。普通に考えれば、断ればいいだけの話です。・・で、断った後、その相手が1000円(満額)で入札して落札したら、どうなるか?・・1000円で商談成立で、私の希望どおりなわけですが・・

相手側は、『300円に値引き交渉したけど断られて、1000円で落札した』という事になり、不満なわけです。・・その流れで、もし、届いた品物が気にいらなかったら・・説明で明記した些細な汚れやキズでも、怨みにより大きなクレームとなります。「なにか気にいらない事があれば文句を言ってやる!」・・となります。

気持ち良い取引にはならず、リスクだけは倍増・・てかんじです。だから、それを未然に防ぐために、その相手が入札できないように処理する必要があるわけです。これはお互いのためなのです。

〇もうお分かりと思いますが・・不動産取引でも同じ事が言えるんですよ。アレコレと厳しい内容の買付を出した購入希望者(個人も法人も)に対して、断った後・・最終的に売主の要望どおりの買付を出してきて、契約となれば・・たいへんですよ。

些細な事でも我慢せず、少しでも説明不足があれば責任問題として追求してくる可能性が高いのです。契約前は契約をしたいから大人しくしていて・・契約後はヤクザのように豹変・・なんて、よくある事です。

売主と買主の要望をすり合わせて、最終的に合意させて契約するのが仲介の仕事ですが、双方の希望条件に大きな差がある場合は、無理にまとめず、キレイに壊して再交渉は絶対に回避すべきケース・・少なくありません。べつのお客を探したほうが安全で安心です。一度、嫌な思いをすれば理解できますよ。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.