ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ありがちな話
〇会社の近くにあるラーメン屋の話です。 去年にオープンしたラーメン屋がね、不味くて半年で閉店・・その後、新たなるラーメン屋がオープンしたんですよ。オープンした時に行ったら、7~8人の従業員がいて、みんなお揃いのTシャツ着てて、元気がいい雰囲気・・で、食べたら・・不味かったです。

その後、お昼時にそのラーメン店の前を通った時、どれくらいお客が入っているか?注視していたのですが・・・お昼時に0人・・多い日で1~2人・・大きい店で駐車場も10台以上完備・・賃料もかなりの額です。・・ま、確実に年内に閉店コースですよ。

不思議なのは、経営者は何故?自分の店のラーメンが不味い事を知らないのか?・・周囲の者も、何故?「不味いですよ。」と言ってあげないのか?ま、従業員やバイトの立場では言いづらいのは分かりますが、家族とか友人とか・・誰かが教えてあげたら、こんな事態は避けられたと思います。

もしくは・・誰がなにを忠告しても、経営者が聞く耳を持たず、周囲は、「何を言っても受け入れてはもらえないし、言って嫌われるだけ損」と判断したのかもしれません。

〇不動産会社でも同じようなエピソードは少なくありません。上司が、「部下に舐められたくない」 「自分は優れている」 「営業なら誰にも負けない自信がある」等の驕りで常に上から目線・・威厳を保つために暴言をはき、威圧的な態度で部下に怖がられる・・こんなかんじが最悪パターンですね。

怖がる部下は上司に本音は話さないし、上司の間違いも指摘しません。報告すべきリスクある話でも、「叱られる」 「怒鳴られる」・・ことを避けるため報告しません。上司は・・事態が最悪の状況まで進行してから知る事になります。癌でいえばステージ4ですね。

上司が部下に怒鳴り散らす・・なんてのは時代遅れな行為ですよ。怒鳴られても気合と根性でついてくる部下はいないでしょ?今の時代の部下(若い人)は、飲みにもいかず、煙草も吸わず、暇な時はスマホでゲームしてる・・そんなかんじでは? 辛くあたれば、ネットに悪口を書き込まれるのがオチですよ。(笑) ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.