ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
紹介料とかのはなし
〇不動産屋がリフォーム業者や引っ越し屋から紹介料をもらうのは「当然」ですよ。・・って話でもします。たとえば、不動産屋は不動産取引の元締め的な立場で、不動産屋はいろいろな関連業務を提携業者に紹介します。司法書士・測量士・リフォーム屋・引っ越し屋・他いろいろ。

まずは・・紹介料が消費者の負担になっているとは限りません。どんな商売でもね、広告宣伝費や営業活動費用はかかるわけですよね。しかも、広告や営業で仕事を得られるか?不確実です。経費を使っても仕事がない場合もあるのです。

しかし、紹介された仕事は・・それらの広告経費0円、営業活動費0円です。とても効率がよく確実性のある節約型の仕事で、紹介料くらい払うのは社会通念上、常識的にも道徳的にも当然といえます。批判して不動産屋の信用失墜を目論んでいるのは内乱屋(内覧屋)くらいですよ。(笑)

それと、重要な事ですが・・紹介を受けた提携業者は・・社会的な信用を問われないケースが多いのです。あくまでも・・不動産屋の顔で・・不動産屋の長い付き合いで・・不動産屋の信用で・・仕事を得るわけです。書面で紹介状を書いたり、なにかあった時の保証契約をしているわけではありませんが、業者を紹介された顧客に対して、不動産屋の「心の保証」は自然発生します。

紹介した業者が間違いを犯せば・・「不動産屋さんの紹介だから安心して依頼したのに!責任をとれ!」って話になります。ま、責任を取るか、取らないかは別としても、紹介者として、謝罪しなければならないのは確実です。そのような信用失墜のリスクを承知のうえで仕事を紹介するのに・・タダなわけねぇだろ!なんちて。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.