ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
学ぶこと
テレビニュースでみた証人喚問・・証人の対応は、「素晴らしい」の一言に尽きる・・というのが私の感想です。そもそも証人側は攻撃が許されず、公開処刑のごとく一方的な攻撃に耐えるやりとりです。しかも相手は一人ではありません。

あのやり方しかなかったわけですが、誰でもできるわけではありません。心理的なプレッシャーもあるし、責任もある、家族もいる、今後のこともある・・孤立無援な状態で何を聞かれても、言えない事は言えないし、認めてはならぬ事は認めるわけにはいきません。

言葉のあげあしは確実に取られるので、不用意な発言はできず、慎重な言葉選びも必要不可欠で失敗は許されません。言葉の罠、ひっかけは聞き逃さず、その質問の先にあるものを見極める能力も必要です。「汚い」 「ズルい」・・と言われる事は試合(笑)前から分かっていた事です。

ま、実力差が明確にわかった結果でした。官僚は「逃げ」のプロフェッショナルですよ。責任回避能力がなければ出世はできません。いわば、責任回避のスペシャリストです。それに比べて、野党の無能さ・・上手に、狡猾に、言葉を引き出す事が求められる立場なのに・・あんな結果でした。

〇不動産営業マンもね、クレーム等で取引先やお客に呼ばれる事があります。相手が1人の時もあれば、大勢の時もあります。会社が認めない事を担当者が認めるわけにはいきません。答えたくても答えられない事だってあります。感情的な議論は避けなければなりません。もちろん逆ギレは禁止で、反撃もできません。

〇不動産業界で責任回避のプロフェッショナルといえば、マンションの管理会社です。なにもかも他人のせいで、自社や担当者にはなんの非もない・・これが原理原則、絶対的な立ち位置です。そんな彼らでも、責任回避術では官僚の足元にも及びませんよ。(笑)

テレビやネットでニュースを見て、誰かを悪者にして批判する行為になんのメリットもありません。それよりも、学ぶことです。相手が正義であれ、悪であれ、バカであれ、学べる事はあります。いつの日か、自分自身に降りかかる災難を避けられるか?避けられないか?は、日頃の学び次第です。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.