ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
確認すべきこと
〇たまーに、あるケースですが・・売買物件のチラシや現地看板等を見たお客さんから電話反響があり、詳しい話をするために来店・・物件の説明をした流れで衝撃的な言葉を聞く事があります。

「私のほうにも仲介会社がいまして、その仲介会社から連絡させます。」・・なんてね。言われた業者としては、「はぁ? ( ゚Д゚)ハァ? 」ですね。(笑)

カンタンにまとめると・・・一般消費者から直接に広告物件の問い合せがあり・・商談中に、客付業者の存在が発表される・・業者側としては、両手仲介が前提のお客と思っていたので、ビックリする・・て話です。

なんか、罠に嵌められたような・・騙されたような・・マヌケなかんじ・・で、どうするか?・・の対応については書きません。初回面談で物件を紹介する前に、他社の存在を聞き取るセリフを考えてみました。

とりあえず、【いつ頃から物件探しを始めたか?】・・を聞き、今回が初めてでない限り、【過去の仲介会社との接点】を確認して、【他社との購入の媒介契約の存在】を知る流れです。

これをセリフ(会話風)にすると・・『物件探しは今回が初めてですか?・・他の仲介会社さんはその後も物件を紹介してくれていますか?・・仮に、当社が紹介した物件で契約する場合、当社がお客様の窓口と理解してよろしいでしょうか?』・・てかんじかな。

物件を紹介する際は事前に【お互いの立場】を確認する・・必要なことですよ。電話の問い合わせでは・・業者が消費者のフリをしているケースも少なからずありますが、電話では嘘をつかれてもわかりません。物件の情報だけ聞き出されて、相手の情報がデタラメではマヌケです。

物件情報も個人情報であり、相手が誰か?や立場がわからぬ状況で【広告表示】より突っ込んだ情報を開示するのは問題がある場合もあります。電話では詳細を伝えず、面談にて【お互いの立場】を確認後、詳しい話をするのが良いですね。

〇GWか・・・・。ブログの更新でもしようかな。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.