ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
引渡し前の滅失・毀損
〇自然災害が起こる度に不動産仲介業者の立場で同情します。命が一番としても二番は財産・・その財産である不動産の取引も被害があるし、関係者も立場によっては悲惨です。

たとえば、一般的な土地建物(中古住宅)の取引で、自然災害により物件が滅失もしくは既存した場合・・
◇契約成立前の場合・・・もちろん契約中止 売主は悲惨
◇契約後、引き渡し前の場合・・・契約解除か、売主の責任で修復
◇引き渡し後の場合・・・売主は責任なし、買主は悲惨

・・で、仲介会社は、それらの対応をする流れです。契約中止の通知とか、契約の白紙解約の手続き(手付金の返金、解約合意書の作成・取り交わし・捺印)等です。気持ちの良い仕事ではありません。誰が悪いわけでもなく、不運なのです。

物件の毀損は建物に限らず、門扉や塀、擁壁、境界石、地中埋設管、地盤(沈下、ひび割れ、陥没)等、いろいろあり、付帯設備表や現況確認書に記載した内容に変化があれば、解約や修復後に期日延長等の対応となりますね。

契約者本人が死亡した場合は本人は契約の履行ができないわけですが、売主が死亡なら相続手続きが必要となり、契約期限内は無理だろうし、相続が上手くいくとも限りません。やはり、災害で物件が滅失していれば白紙解約ですね。

物件が滅失しておらず、売主と買主が死亡の場合は?売主と買主の相続人がそれぞれ立場を継承する流れですが・・もう考えるだけでアタマがゴチャゴチャになりますね。仲介業者の仕事は物件の紹介と契約だけではなく、契約後から引き渡しまで見届ける責任があり、解約のケースでも、後処理はしなければなりません。

大規模な自然災害があった時・・数百から数千の取引が中止になったり、解約になったり・・大勢の不動産業者がアタマを抱えて悩むわけです。仲介業者が亡くなる場合もあります。取引当事者にとっては、それも困りますね。生きて仕事をやり遂げる責任があります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
契約条項の参考例 (引渡し前の滅失・毀損)
1・本物件の引渡し前に、天災地変その他売主又は買主のいずれの責にも帰すことのできない事由によって本物件が滅失したときは、買主は、この契約を解除することができる。

2・本物件の引渡し前に、前項の事由によって本物件が毀損したときは、売主は、本物件を修復して買主に引渡すものとする。

3・売主は、前項の修復が著しく困難なとき、又は過大な費用を要するときは、この契約を解除することができるものとし、買主は、本物件の毀損により契約の目的が達せられないとき は、この契約を解除することができる。

4・第1項又は前項によって本契約が解除された場合、売主は受領済の金員を無利息で遅滞なく買主に返還しなければならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.