ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
裏テクや抜け道
〇不動産取引では、予定通りに事が進まず、いろいろな原因で契約がまとまらなかったり、契約になっても解約になる事もあります。それらの失敗を積み重ねる事で、問題をクリアするノウハウが身に付きます。しかし、問題をクリアすべきか?は別なんですよ。

たとえば、一般的な住宅ローンの借入が難しいお客には、審査が甘い金融機関を紹介するとか・・無担保融資や他の不動産担保ローンを活用するとか・・それで借入ができたとしても、そんなに無理させて支払いができるか?・・

市街化調整区域で建築が難しい物件でも、法の抜け道を探せば何らかの方法があるものです。しかし、将来的な建て替えに問題があったり、そもそも生活の便が悪かったり・・そんな物件を紹介すべきか?・・後に問題とならないか?・・

買えないはずの人に買わせる・・建たないはずの土地に建てる・・そんなノウハウや技術を行使する者を不動産のプロと評価する者もいますが、私はいかがわしさを感じますよ。

べつに綺麗事ではなくてね、本音でそう思います。ま、50代だからそう思うのかも。若い時は裏テクとか抜け道とか、その類の知識を得たいと思ってましたから。

でも、長くやってるとね、無理してローンを組んだ人は破産するし、建ててはいけない場所に建てると、やはり後々に問題があるって現実を知るわけですよ。

契約になればOK・・歩合が稼げればOK・・後は知らん!・・と割り切ることができるか?・・ですね。会社の方針にもよるのかな。『とにかく数字を上げろ!』てかんじの社風なら、無理して契約するのが良い社員です。そこで無理ができない者は居場所を失います。

年をとると、そういった無理ができなくなるんですよね。精神的に。それは悟りか?日和りか?(笑)

〇それはそうと・・宅建試験の郵送申込期限(消印有効)・・今日までですよ。ご用心(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.