ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ジジババ不動産
〇いわゆる地場の小さい不動産屋ではアパートの借主に金を貸したりするケースが多いんですよ。ま、ほとんどが、家賃が払えない人に頼まれて貸すケースです。親切とか思いやりとか、そんなんじゃなくて・・面倒な作業を避けるためです。

たとえば、5万円の賃料なのに、「今月は4万円しか払えないです。」・・とぬかす賃借人がいたとします。それをオーナーさんに送付する家賃収入の明細書に、どのように掲載するか?今月は1万円少ない人がいて、不足分は来月に計上?・・そんな恥ずかしい事できませんよ。(笑)

それに、そんな事をしたら、経理上、面倒臭い処理になるし、そんな事を毎度毎度、繰り返すわけにはいきません。 カンタンなのは、【入金済】か【未入金】の2つだけです。・・では、「半端な金額は預かれないよ。」と追い返していいか?

そんな奴が来月に2か月分の10万を持ってくるわけがないです。だから、現実的にはその4万円だけでも預かるべきなんです。・・では、4万円は半端だからオーナーさんには渡さず、来月に、来月分の5万円と今回の不足分1万円をもってこさせて、その時に4万円を足して計10万円でオーナーさんに支払うか?

ま、正しい処理方法ってのが当然あるとは思いますが・・ジィさん、バァさんの不動産屋は・・家賃集めて、管理料を差っ引いて、オーナーに振り込む・・程度の単純処理ですよ。1万円を来月回しにする処理をするくらいなら・・自分が1万円を貸すか、立て替える処理のほうがラクなわけです。

・・で、一度でも貸したり、立て替えたりすると・・借りた人は次からも甘えてきます。そんな賃借人が複数いると・・返済を滞る者もでてきて、その結果・・借用書をつくり、返済計画を迫り、金利も上乗せして、取り立てもして・・気がついたら、金を貸すのが普通になります。(笑) ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.