ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
世間話
〇ネットニュースを見ていたら、ウォール街の記事が目に止まり、じっくり読んでみたのですが・・いわゆる「#Me Too」関連の話で、一言でいえば、「女性と2人きりになるな!」・・て話でした。会社としては、人の雇用には様々な訴訟リスクがあるわけで・・

たとえばパワハラは男女共にあるリスクですが、セクハラに関しては、被害を訴える99%が女性です。しかも、セクハラはレイプとは違い、言葉や雰囲気や状況を根拠に、肉体的な接触がなくとも受け止める側の一方的な感情や判断で成立するわけですから、男性側のリスク回避が非常に困難である事は周知のとおりです。

室内で・・エレベーター内で・・車の中で・・2人きりになれば、何もなくても、何かあったと訴えられたら負けで、それが罠でも冤罪でも受け入れるしかない現在、唯一の防衛策は・・第三者の存在です。セクハラの事実がなかった事を証言する証人として第三者がいる状況の継続・・それが、「2人きりにならないこと」なわけです。ま、あくまでもウォール街の話ね。

現在、日本ではそこまでの警戒レベルを上げる必要は感じませんが、順番からいうと大手系でその類の訴えが増え、だんだん中小企業に広がっていくのでしょう。企業側の防衛策として最強なのが「女性を雇用しないこと」です。一部の女性がマスコミを通じて人権や権利を主張すればするほど・・女性の仕事が減るって事です。

私なんか、女性と話しをしている時、おっぱいの事ばかり考えてるけどね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.