ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
月末
〇2月も終わりですね。2月はコレ入れて3回しか更新できませんでした。確定申告の準備もあったし、賃貸仲介とか副業とか、とにかく忙しかったというのが言い訳です。動いた割に稼げてませんが。(笑) 

〇不動産営業マンが最も稼げる年代は35~45歳の10年間と思います。そりゃ20代も稼げますが、30代になると知識と経験も得るので20代より30代のほうが稼げます。40代は知識と経験がより増しますが、ラクを覚えてしまい、動きが悪くなります。

中高年の仲介営業マンは業者取引が多くなり、エンドユーザ―から遠ざかる傾向があります。雰囲気としてはプロっぽいですが、営業マンとして終わりが近づいている感じもします。「業者に建売用地をおろす」・・て、どんなノウハウ?・・と突き詰めると・・

「安い土地を業者に買わす」・・てことで、自分自身で地上げをしている者は尊敬に値しますが、それ以外は・・入ってきた情報を元に、買取業者に話をつないだだけ・・て事です。知識や経験があっても、安い土地の情報が入らなくなったら終わりです。

たとえば、大手に在籍していて、大手の信用と広告費で得られた情報なら・・大手を辞めたら終わりです。そもそも自分のチカラではなかった・・と気がつくのは大手を退職した後ですよ。(笑)

〇40代、50代が厳しいのはもちろんですが・・60代も70代も生きていくつもりなら・・稼いでキャバクラに行くのではなく、私的な時間は未来のための準備をすべきと思いますよ。

足腰の弱った老人に仕事なんかありません。しかし、年金は期待できない世の中・・自分ならどうすべきか?真剣に考えるなら、稼いだ金で遊べるわけがありません。考えてないから遊べるのです。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.