ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
異常
〇不動産売買の仲介は仕事の幅も広いけど奥も深いです。関係法規もたくさんあるし、一つの契約だけでもいろいろなリスクが伴います。リスクは目に見えません。大手系でも契約のリスク管理は大幅な違いがあります。

リスク管理の厳しい職場環境だと、万が一・・の話で悩み、その場合の対応策や解決策を考え、それで解決できなかった場合の次なる対策・・ようするに先の先まで考えて、やっと安心できるようになります。大手の中でも、とくに堅い会社で生き残るなら、その技術と考え方が必要です。

それは普通レベルの不動案会社の営業マンから見て「異常な世界」であり、「病的な心配性」ですが、一度その異常な世界に馴染むと、それが「普通」になり、普通の会社が「いいかげんで無責任」に見えます。

異常な世界では、契約書類が多く、しかも年々増えます。事前に細かくチェックされるし、問題があれば社内の審査で否決されて契約できないケースもあります。1つの契約の準備に相当な時間が必要で、契約が決まりそうな時、喜びなどなく、(あぁ・・決まってしまう・・これから大変だぞ・・)とため息がでるほど辛く、疲れます。

万が一のことを先の先の先まで考えて悩む・・そんなかんじで長く仕事をすると・・個人の適性に無理があれば、胃が痛くなったり・・下痢をしたり・・不眠症になったり・・ハゲたり・・それぞれですが、それでも続けていると・・心身ともに病みます。その類の心配事は底なし沼のように深いからエンドレスだしね。

本題はここからで・・その異常な世界の者が地場業者へ転職すると・・いろいろ弊害があります。不動産調査や書類や商談の進め方等で周囲から、「慎重すぎる!」 「細かすぎる!」 「心配しすぎる!」・・と異常者扱いされます。

その異常者扱いが長く続くと、(もしかしたら私は異常者かもしれない・・)と思うようになり、取引で細かい事が気になる際、それはリスク管理で必要な考えなのか?自分が異常で、心の病系(強迫性障害など)なのか?・・わからなくなります。

2手先を読む・・これは普通ですが、3手先、4手先、5手先・・と、起きもしない空想のトラブルの対策を深く考え過ぎて心配するなら、それは心に問題が発生していると思います。安全確率99%では安心できず、残りの1%のリスクが気になり、眠れない・・とかね。

私は以前から税理士に「細かすぎますよ。」・・と嫌味を言われていましたが、最近、別の会計士から、「あの人は細かいし、かなりの心配性だね。」と言われているのを知りました。これで私も異常者で確定です。(笑) 唯一、救いなのは、プライベートでは超いいかげんな事かな。(笑) 

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.