ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ちんたいのはなし
〇ニュースで「高齢者が賃貸を借りられない」みたいなニュースを耳にする度に違和感があります。少なくとも都心から少し外れたら空室が腐るほどあり、空室を埋めるためには賃借人を選べない状況もありえます。

高齢者だから断る・・なんてのは人気エリアだけに許された贅沢なわけです。空室が多くある地域の賃貸物件のオーナーとしては、選択は2つ・・・空室でもいいから賃借人を厳選したいオーナーさんと・・誰でもいいから借りてほしいオーナーさんです。

ま、わかりやすく言えば・・「金持ちだから空室でもいい」 や、「高齢者に貸すくらいなら空室でいい」・・なのか?・・「空室が多いと困るから借りてほしい」なのか?・・とりあえず、そんな理解でいい思います。

人口減少や少子高齢化により日本全国で空家・空室が社会問題化している中、高齢者ばかりの世界で「高齢者には部屋を貸さない」とかありえないし、そもそも中年に貸せば、住み続ける過程でいずれ高齢化します。

ようは、部屋で死なれるのが嫌なわけですが、それを怖がって高齢者に貸さず収入が途絶えるならバカですよ。ほとんどの人が病院か自宅で亡くなるわけで、努力してみたところで室内での死亡の確率を0にはできません。

「高齢者が部屋を借りられない」・・なんて記事は、事実を書いたらニュースになった・・のではなく、社会不安を煽る意味で「高齢者が部屋を借りられない」という内容の記事を書いてくれ!・・と言われて書いた記事・・と思いますよ。結論が先にあるわけ。

都心から少し離れると・・高齢者でもいいから借りてほしいのに、借り手が見つからず空室・・てのがゴロゴロありますよ。「高齢者様、お願いですから部屋を借りてください!」・・てかんじですよ。(笑)

高齢者のクレームなんかラクなほうですよ。もっとハイリスクのアパートもありますよ。いわゆる「心が少し違うかんじの人達」用・・かな。クレームの量も質も違うからね。現実と非現実の境界線があいまいで、ご本人様から異次元レベルのクレームが入ります。

言っている意味すらわかりません。「この人、なんの話をしているのだろう?」からスタートで、やがて、非現実世界の出来事とわかります。担当者はパラレルワールド的な感じを疑似体験できます。

〇賃借人を厳選する・・そんなの誰でもできます。不安のある人を全て排除すればいいだけ。でも、今後はそれでは商売になりません。人間が減るわけだから。多少のリスクは受け入れて対応する業者が生き残る要件かもしれませんよ。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.