ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
私道持分なし
〇私道.net経由の相談メールがたまに着ます。私道.netには相談不可と記載してあるのですが、暇なときは対応しています。位置指定道路の持分がないケース・・たまにありますが、そのような物件を購入すべきか?・・そんなかんじの相談もあります。

そのレベルならネット検索で営利目的の親切アピール不動産屋サイト(笑)がたくさん語っていますので、必要な知識は得られると思いますよ。私が注意すべきと思う点は・・その物件だけ持分が無い理由と、その背景にあるもの・・それらが及ぼす将来です。

位置指定道路を築造した当時は接面していた区画のすべてに持分があるケースが多く、その各区画は分譲後に売却しても私道持分は区画と運命を共にします。その一般的なケースから外れてしまった理由・・知らずに買うとか、ありえませんよ。

たとえば分譲会社、もしくは大地主が位置指定道路を入れて宅地部分のみ区画・分譲して、私道はすべて分譲をした者が所有・・これはよくあるケースです。将来的に位置指定道路を延長する予定なら、先に築造した位置指定道路の全所有者の同意が必要なので・・

私道持分を各区画に付けてあげちゃうと、将来の位置指定道路の延長に「反対」をする可能性があるからです。その場合、将来に位置指定道路の延長が終わった際、みんなに道路持分を無償譲渡するケースもあります。

分譲をする者が私道持分を持ち続けるケースのリスクですが・・事業資金を銀行から借りるため私道も担保に入れますが、返済を滞れば差押、競売コースです。競売になると、私道専門の事件屋が競落して、各区画の人達を訪ねて、「道路を買ってほしい」となり、断ると・・いろいろ面倒なことになる・・なんてケースもあります。

複雑な事情などなく、地主がケチで宅地は売るけど私道持分を渡さないケースや、建築で儲けるから建築さえできれば私道持分なんかどうでもいいと考える無責任な不動産屋から私道持分なしの土地を買ったケースもあるでしょう。

・・で、将来的に・・・ドケチな地主とご近所付き合いをする事になるのもデメリットだし、ご近所で自分だけ私道持分がない立場で、いいしれぬ不安感が続くのもデメリットです。売る際も価格に影響するし、お金を借りるにも担保評価に影響があります。・・私道持分がないと、いろいろ影響はありますよ。ま、ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.