ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
マジか!って話
新型コロナ関連で、国交省が、テナントの賃料の支払いについて、猶予を要請・・てニュースを見て、「マジか!」と思いましたよ。とりあえず流れを書いてみると・・

コロナ感染が増えてきた

外出の自粛

飲食店等の売り上げが激減

国は補償しない方針

国交省いわく・・
「売上げが減り、苦しむ事業者の家賃は待ってやれ」 ← 今ここ!

・・しかも、いつ終息するかわからないわけで、半年も自粛ムードが続くなら、ビルのオーナーの何割かは破産するのでは?

よくいるんですよ。「家賃を待ってほしい」と懇願する借主・・ま、苦しいのはわかるんですけど、そのような借主って、大事なこと忘れているんですよ。・・貸主の大半は、銀行からお金を借りて賃貸経営しているってことを。

家賃を待ってあげるって事は、ただ待ってるわけではなく、その分、銀行に支払う金額が不足するわけで、貸主がその分をどこかで都合をつけて銀行に支払う事態になる・・って事です。ま、金持ちの貸主は問題ないけど・・

ギリギリでやっている貸主は銀行への支払いが滞り、信用は落ちて、競売のリスクが高まります。それと、テナントだけで済むのか?・・事業者が借りている社員用のアパートとか、居住用の物件もついでに、「家賃が支払えません。待ってほしい」となるのでは?

・・で、ここからが本題で・・そのようなゴタゴタに巻き込まれるのは・・物件を管理している不動産屋ですよ。滞納は増えるだろうし、滞納したまま廃業とか倒産とか、バックレるケースも増えるよね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.