ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産の記事とか、そんな話
〇不動産関連のニュースやコラムは、その記事が掲載されている媒体のスポンサーが誰か、気にしながら読んでいます。

たとえば、タワマンのコラムなら、その背後にゼネコン等にスポンサー企業や不動産情報サイトがいるのなら、読むとやっぱり、タワマンを褒める内容です。スポンサーの意向に沿った記事であれば、それがニュースでもコラムでも、形を変えた広告記事です。

それとは違い、週刊誌等でタワマンが取り上げられると、警鐘を促す内容です。価格の値下がりとか、住人の奥様達のカーストとか、将来の維持管理コストの問題とか、いろいろ。どっちかといえば、この類のほうが読んでいて面白いですね。

それを分かったうえで同じテーマの記事をアレコレと読み漁ると別の楽しさがありますね。

提灯記事のコラム
「タワマンの素晴らしさを語る記事」
「タワマンの人気を煽る記事」
・・に対して・・

警告を促すコラム
「タワマンの将来性に不安を語る記事」
「タワマンの危険性やメンテのコスト高を語る記事」
・・などの記事でケンカを売り・・

すると、提灯記事コラムでは
「タワマンの将来の不安を打ち消す記事」
「タワマンの危険性やメンテのコスト高を打ち消す記事」
・・で応戦中・・

ま、こんなかんじの見方をすると、戦いの観客気分で楽しめます。最近、気になっている手法は、記事の見出しで不安にふれて・・読むと、それを打ち消す文章構成の記事かな。

たとえば、「タワマンは危険か?」・・てかんじの見出しで、警鐘を促す内容かと思い、内容を読むと・・冒頭では、危険と言われている事案を書いて、いろいろ検証したら、「危険じゃなかったよ!」て結論に導くステマ記事。(笑)

ま、コラムはブログとは違い、報酬を得て書いているわけだし、依頼者の要望どおり書けば自然と提灯記事になりますよね。私はどうせこの先、タワマンに住む可能性は0だし、タワマンを仲介するエリアでもないから、興味本位でそれらの記事を読んでます。(笑) 

最後に・・マンションの話なので、私の経験から自信をもって断言できることがあります。良い立地の高級マンションは・・美人の奥様が多いです。凄く多い。マジだよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.