ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
願望
〇「小さな村の物語 イタリア」は好きな番組です。街も村も自然も全部美しいです。だって、美しい場所を選んでいるから。(笑) それにしても、ウットリするほど良い雰囲気で、「こんな田舎暮らしならしてみたいな・・」とか、「こんな場所で生まれ育ちたかったな・・」と思いますよ。べつにイタリアでなくとも、たとえばカナダのプリンスエドワード島で赤毛のアンみたいな生活もしてみたいです。

〇不動産選びでは、「駅までの距離」と「面積」が重視され、「環境」は後順位になりがちですが、明るい気持ちになったり、落ち込んだり、悩んだり・・そういった気分は気持ちに影響を与えるのが、環境や周辺の雰囲気です。

極端にいえば・・窓から見える自然の風景や、窓を開けた時に入るやさしい風は気分が良いし・・窓から見える工場や、窓から入る排気ガスや悪臭は気分が悪いはずです。

部屋の壁紙なら自分で変えられますが、物件の周囲・環境は自分では変えられず、長年に渡り家族とその影響を受けます。35年ローンで買い、完済するまで住み続けるなら、環境や周辺の雰囲気も重視すべきですね。ま、途中で離婚でもすれば、自分だけの問題だけどね・・。

〇リモートワークは増えつつあります。ま、業界によってれが可能か不可能か、いろいろありますが、可能な業界はリモートワーク化するのでしょう。それなら自然が多い地域に住むことが可能です。都会は利便性がよく効率的で無駄がない動きができますが、なんかギスギスしたかんじですよね。

〇なにもかも捨てて(捨てるもの少ないけど)、地方の田舎にでも逃避したくなるとき、ありますよ。不動産関連の仕事も古物商の副業も捨てて、無関係の仕事でもしながら、ストレスやプレッシャーのない日々を過ごしたい・・ま、現実逃避ってやつかな。

地方で不動産屋やってる独身の女社長でも知り合って、転がり込む手もあるか (笑) でも、それだと不動産の仕事から逃れられないか。ま、妄想するのは自由だから。赤毛のアンみたいに。(笑) 

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.