ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
お幸せに・・。
不動産仲介の仕事をしていれば、離婚による財産処分(家の売却)は経験するでしょう。しかし、売り出し中に「仲直り」してしまう事もあるのです。今日は、そんな話。

まぁ、いろいろな事情があるのでしょう。離婚で売るからと言って、理由までは聞きません。自分から言う人もいますが、家を売る以外は何もしてあげられません。売り出し価格に合意し、専任媒介契約を締結すれば売り出しを準備します。広告が完成したら事前に届けます。広告を見ると辛い表情をする人もいます。思い出の家ですからね。

恋愛をして結婚、出産、子育て・・そして念願のマイホーム購入・・振り返れば、たくさんの思い出があるでしょう。何かの間違い?で離婚する事になってしまった二人・・しかし、我が家を売り出す広告を見て、「この家を売ったら、もう引き返せない・・取り返しはつかない。」と気がつくのです。

そして広告が配布される日が来ます。誰かが家を見に来て、購入する事になれば引き返せません。・・・そして売り出し開始の日に、「すみません、広告まで出していただいて誠に申し訳ないのですが・・」と電話がきたりします。

「じつは、あれから夫婦で話し合ったのですが、もう一度だけやり直してみようか・・という事になりまして・・。」という内容です。私は、そのような時は祝福します。「良かったですね。それでしたら売却は中止しましょうね。」と言います。電話を切った後は、「さて、上には、どう報告するかな・・」と悩みます。無駄な経費を使った事になりますからね。

人それぞれに人生ドラマがあります。不動産仲介の営業職は、比較的に重要な場面で脇役として登場する事が多いです。できる事なら出演を辞退したいな・・と思う物語もありますね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.